顔汗対策に、首筋を冷やすようにしています

私は基本的に汗かきで、特にかきやすいのが顔。
顔の中でも、おでこと鼻筋に流れるほどかくので、いつも化粧は崩れるし、メガネをかけているときはすぐにずり落ちてしまいます。

この顔汗は、気温が高かったり、運動をした後に大量にかきます。
ですから、その対策として、暑い時は首筋を冷やすようにして、血管からクールダウンするように心がけているのです。

顔を直接冷やしたいところですが、化粧をしているとそうはいきませんよね。
そのため、顔面そのものに対するケアとしては、ハンカチで汗を拭く(それも、ごしごし拭うのではなく、押し当てて汗を吸わせる)程度にして、化粧をしていない首からアプローチをかけるのです。

これで、だいぶ顔が冷えて、今までダラダラかいていた汗がすっと引きます。
緊張などによる汗ではないため、冷やすだけでかなり効果があるのです。

また、首筋の血管を冷やすと、顔だけではなくて全身も適度に冷えるような気がするので、再び身体に熱がこもって顔汗をかくようになるまで、しばらく時間を稼げます。

普段自宅にいるときは、ケーキなどに付いてきた小さい保冷剤をタオルで巻いて首に当てますが、外出時は、市販の首筋冷やし用のスカーフを付けて出ることが多いです。
もちろん、長時間の外出だと、すぐにぬるくなってしまいますが、それでも、行きがけの移動で顔汗をかいて、目的地に着く前に化粧が落ちてしまうなんてことは避けられるので、重宝しています。

暑い季節は、必ず首筋を冷やせるものを常備しておくようにしています。

汗をよくかくせいで気を遣う事が多く辛いです

学生の頃は特に気にならなかったのですが、大人になりメイクを覚えるようになってから汗に困るようになりました。

遊びに行く時でもデートの時でも仕事へ出勤する時でも、季節に合った恰好をしているにも関わらず、10分程度歩いているだけで頭や背中から汗が流れてきます。夏は勿論、冬なんて雪が降る程寒い日でも汗が出てくるのです。

汗が出て困るのが、髪型が乱れて顔がぐちゃぐちゃになってしまう事です。

ヘアスプレーをして綺麗にセットをしてメイクもバッチリしているのに、汗のせいで全部が台無しになってしまうのです。

特にアイメイクが名瀬で流れ落ちると、頬や顎、首元が汚れてしまいます。
デートの時なんて彼に「どうして会って30分も経ってないのにそんなにぐちゃぐちゃになってるの?」と言われる程です。

過去には手にも汗をかくせいで「手を繋いだらベタベタするから」と手を繋ぐ事を拒否された事もあります。汗をかきすぎて、仕事場で「汗達磨」と言われる事もあって、精神的にも辛いのです。

そして服に汗染みがついてしまう事も嫌で堪りません。
汗染みの目立たない黒や白といった色の服しか着れませんし、汗染みのせいで服が汚れてしまう事もあります。

以前友達の結婚式があったのでレンタル衣装を利用しようと思ったのですが、その衣装屋さんが空調が壊れているのかとても暑かったのです。
汗を流しながら衣装を選んでいる私を見て、店員さんが「お客様、申し訳ございませんがご利用をお控えいただきたいのですが」とお断りされた事があります。
それ以来、汗をかいている姿は傍から見ると不快感を持たれるのだと、心が痛くなりました。

汗があまり出ない体質の人が凄く羨ましく、私はどうしてこんなにも汗が出るのだろうととても悩んでいるのです。

汗をかいた後はとてもベタベタして、しかも乾いた服からツンとした汗の臭いがするので自分でも嫌だなと思います。

着替えのシャツをいつも持ち歩くのも面倒ですし、毎日洗濯物が多いのも悩みどころです。
汗さえっかなければもっと毎日がストレスフリーで楽しいのにと思います。